AKB48劇場公演と秋葉原界隈居酒屋紀行
13:00 三州屋 神田本店@内神田

AKB48劇場公演のチケット購入時に必要な「当選通知メール」と「免許証」を持っていることを確認して,身軽に極力手ぶらでジャケットやコートを羽織る.早朝から一仕事して,午後半休にして,13:00に神田本店のカウンター席に着く.旬の一品(柳川鍋,牡蠣焼き,など)を白鶴の熱燗(大)と“しぼり”のグラスで流し,絶品の“なめこ汁”で締める.神田昼飲みの景気付けをする.
  • 神田本店が休みの場合は神田駅前店へ.
  • これぞ江戸っ子というような,気風(きっぷ)がいい割烹着姿のおばちゃんたちによる客の仕切りと,ちょっとした会話を楽しむ.

14:30 カープ@神田鍛冶町
熱々の鉄板前のカウンターに座ったら,ウーロン杯と“そば入りレディースサイズいか天入り”を頼む.大食漢の人はそばは通常(1玉)でも1.5玉でも構わないけれど,この後もハシゴをするので,レディースサイズ(0.5玉)で十分だろう.熱々の広島焼き(お好み焼き)をフーフーしながら,階層構造を壊さないようにヘラで利き手の手前側から一口サイズに切りながら食べ進める.
  • 威勢がいい広島弁が飛び交う店員の掛け合いを楽しむ.おばちゃんが麺を茹でる担当,おじちゃんとお兄ちゃんが焼き担当.お兄ちゃんの方が味はうまい.
  • ヘラ食いが堂に入った感じがしておすすめ.熱々が食べられる.腕でひっかけないように飲み物はヘラを持つ利き手とは反対側へ必ず置くように.

15:30 浜貞@内神田
神田駅方面に少し戻り,15:30の開店と同時に生け簀の脇を抜けてカウンターに滑り込む.老夫婦の経営で,店主が捌く鮮度抜群の魚介を楽しむ.お通しに吟味した旬の一品を加え,寒い時期なら熱燗二本,暑い季節なら300ml瓶の日本酒を合わせる.“しじみ汁”で締める.
  • 酔いを出さないように背筋を正して入店する.
  • 16:00前には数組の客層のよさを感じさせる背広族数組がテーブルで飲んでいる.神田の懐の深さを堪能する.

16:30 神田まつや@神田須田町
再度カープの前を通り,老舗の蕎麦屋で蕎麦前を楽しむ.いつの頃からか“とりわさ”がメニューから消えてしまったので,“焼き鳥(塩)”か粋に“天ぬき”でお銚子を二本いただき,締めにもり蕎麦を勢いよくすすり,蕎麦湯で締める.
  • 熟練のおばちゃんたちの客さばきを堪能する.
  • 常連率が高い.頼みすぎずテーブルをこじんまりと使うなどのマナーを守り,自然な流れのきっかけから相席客と会話を楽しむ.
  • 蕎麦は音を立ててすすった方が粋だし,うまい.
  • 通ぶらず,背筋を伸ばし,毅然と,自然体で,老舗に流れる時間に身を委ねる.
  • 途中で食べ過ぎだと感じたらもり蕎麦はスキップ,入店前に感じたら常陸野ブルーイング・ラボへ行き,神田川と万世橋を行き交う人たちを眺めながら地ビールで喉をうるおすのもいい.

17:40 AKB48劇場@秋葉原
秋葉原の驚安の殿堂ドン・キホーテまで散歩して酔いを冷まし,腹を落ち着かせて,AKB48劇場(8F)へ.受付でチケットを購入して,ドン・キホーテのコスプレフロアを散策でもして時間を合わせ,さー公演開始.大いに盛り上がる.
  • 受付時に呂律(ろれつ)が回っていなかったり酒臭いと断られる可能性があるため,事前にコンビニでミネラルウォーターを買って飲んで,酔いを落ち着かせる.
  • 公演中はその日一番輝いている子を見つけ,観客も観察しながら,とにかく楽しむ.最高の公演は「チーム4 “夢を死なせるわけにはいかない”公演の主要メンバフル出演:岩立沙穂,岡田奈々,小嶋真子,込山榛香,高橋朱里,西野未姫,村山彩希,千葉恵里,など」.計10回程度通っているけれど,「2016年10月のJKT48出張“僕の太陽”公演:仲川遥香,ジェシカ・フェランダ,など」が超えて行った.今後,これらを超える公演が観れますように.

21:00 とり庄@秋葉原
劇場公演を存分に楽しんだら,神田に戻っても,上野など他の街に繰り出しても,いくらでも飲めるけれど,帰りがけに歩いて数分で行ける焼き鳥屋へ.野菜は季節次第だけど「アスパラとつくね」「銀杏と血肝(レバー)」などを,田酒(青森)などの全国選り取り見取りの地酒で合わせる.お通し(最初に,お新香と玉子焼き)の最後の一品“(鶏出汁)スープ”で締める.
  • 串は大振りで1本ずつ注文ができるので冷めないように2種類(2本)ずつ頼むように.
  • 塩かタレかは店側が合う方を決めてくれるので客から告げないように.
  • 劇場公演のWebアンケートお願いメールが届いたら,楽しかった時間を思い出しながらさくっと回答を送信する.

Go Top Page